タナクロ・エンジニアブログ

ファッション×ITで世界に挑む「タナクロ」のエンジニアチームです

エンジニアがPhotoshopに入門してみた話(その1)

最近、動物の動画を見て癒されているエンジニアの原です。

今はかわいいファンディングというサービスの企画・開発をしています。
https://kawaii-funding.com

かわいいファンディングチームでは、サービスの特性上デザインデータのチェック等のためPhotoshopを触ることがあるのですが、今回はエンジニアがPhotoshopに入門する際のTipsについて書いていこうかと思います。

Adobe ExtendScript Toolkit CC をインストール

まずはエンジニアがPhotoshopを使うためには、以下ソフトウェアが必須になります。
URL先よりDLしましょう^^

Adobe ExtendScript Toolkit CC
http://www.adobe.com/jp/products/extendscript-toolkit.html

とりあえず起動するとこんな感じの画面ですね!!

Photoshopを起動した状態で、

  1. ターゲットをPhotoshopに変更
  2. 実行ボタンをクリック

でエディタ上で記載したコードがPhotoshopに対して実行されるようです!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-03-16-45-29

 

基本的な使い方

ドキュメントの新規作成

まずはドキュメントの作り方から。
addメソッドを使ってドキュメントを追加します(引数は全てOptionalだったりします)

app.documents.add(
  width, height, resolution, mode, initialFill, 
  pixelAspectRatio, bitsPerChannel, colorProfileName
)
 (例)
app.documents.add(
  1024, 1024, 72, "TestDocument", NewDocumentMode.RGB, 
 DocumentFill.TRANSPARENT, 1.0, BitsPerChannelType.EIGHT, "Test"
)

  • width・・・ ドキュメントの横幅
  • height・・・ドキュメントの縦幅
  • resolution・・・解像度 (Pixcel Per Inch)
  • mode・・・ドキュメントの描画モード(NewDocumentModeオブジェクトから指定します ※1)
  • initialFill・・・初期ドキュメントの背景色の設定(DocumentFillオブジェクトから指定します ※2)
  • pixcelAspectRatio・・・ピクセルアスペクト比。 [例] 4:3(1.33..) や16:9など(1.77..)
  • bitsPerChannel・・・色深度(BitsPerChannelTypeオブジェクトから指定します ※3)
  • colorProfileName・・・colorProfileNameというプロパティに名前をセットできるようです。用途はよくわかってません(震え声

※1 NewDocumentMode

カラー描画モードです。以下の5つから選択します。
BITMAP/CMYK/GRAYSCALE/LAB/RGB

※2 DocumentFill

  • BACKGROUNDCOLOR・・・現在カラーピッカーの背景色に選択されている色
  • TRANSPARENT・・・透過色
  • WHITE・・・白色

※3 BitsPerChannelType

各ビット数を選択します。
EIGHT(デフォルト) / ONE / SIXTEEN / THIRTYTWO

ドキュメントの検索

複数ドキュメントを作って色々としたい時にドキュメントを検索することもできます

var docRef = app.documents.getByName("TestDocument")

 

まとめ

ドキュメントの作成のみで長くなってしまったので何回かに分けてまとめることにします。
次回は画像を読み込んで描画する方法を書きます。

原

About 原

'16年4月にタナクロにジョイン。カワイイを共有する写真共有アプリ、「AliceHolic」やクラウドファンディング×ものづくりの「かわいいファンディング」を手がける。本職はエンジニア。新しい技術やビジネスモデルに興味があります。

-開発
-,